Img_4d4e378478ba6a08a7e900d1c97cefc3
Img_4c3082699384a78ad7e3c387ede974a7
Img_e7a37c1eec06061fe18344c1ecfc8492

『君思い、は微笑む』の店内に、春のリースが増えました。
リースはクリスマスだけのものではなく、
最近では春夏秋冬の季節に合わせて、お部屋のインテリアとして
気軽に飾る方も増えています。
アーティフィシャルフラワーのリースなら、お手入れの必要は特にしなくてよいし、
来年も飾れますのでオススメです。
Img_c255c58c77c2f81356907aaf052e08b6
Img_73bc78e9259d7a1eb64038630654296d
Img_8e92ae5a364cb5a96bf01f148edd14b4
Img_1b74788623b1e18dc7f5b7a6ce14fa02
Img_150597b21715ba901f2049f752decc38
Img_8e006f61da61652024057e6eab148288
Img_79f35b0178d90780fd7891e1fed7c0e4
Img_db1dec1f9036ab0c86ab37f6d13b074a
Img_7b38f7d82d472e56e85b40a0da70c5d9
「君思い、花は微笑む」新店舗は2月10日(日)11:00~オープンします。

店内の画像を載せましたので、ご覧ください。
ご来店お待ちしております。
寄木細工を使った多肉植物アレンジのワークショップです。
フラワーアレンジが初めての方でも、上手に仕上がります。
Img_863b32eae5fc5a84543cd5fbd9e88546
Img_7cb2b643d4dd237e0b007afcaf488a7a
明日9月24日(月)は十五夜「中秋の名月」です。

日本では太古の昔から月を神聖視していたそうです。

平安時代には、十五夜の月見が盛んに行われるようになり、貴族の間に広まりました。

貴族たちは、月を見ながら酒を酌み交わし、水面に映った月を愛でたそうです。

江戸時代に入り、庶民たちは農作物の収穫に感謝し祝い、翌年の豊作を祈るお祭りとして行われたと云われています。

十五夜のころは稲が育ち、収穫が始まる時期。
無事に収穫できることを感謝する日でもありました。

十五夜と言うと、「満月の日」と思われるがもしれませんが、、必ずしも満月の日ではないのです。
何故かって??・・


お月見・・日本を感じさせる行事のひとつ。
月に着陸し、月面の映像もみなさんご存知。
月に土地を買える時代だけど、、
この夜だけは名月を眺めながら、お餅をつくウサギさんや月へ帰っていくかぐや姫など、
ロマンに思いをはせてみるのもステキじゃないですか?

どうか晴れますように・・


Img_cb6b0b4cced2269b4ad551be5cc07207
9月・・相変わらず暑い日々が続いていますが、上を見上げれば秋空、地上では秋を感じさせる植物が所々に見つけられます。
もうすぐ涼しくなりますね。
Img_cfdb94cfd22412511cbc0cf73d42edf4
御幸の浜の空
Img_74e3d1711df89ee37fa4435e7b9555cb
パンパスグラス